木造住宅の屋根の防水について

木造住宅の屋根

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「木造住宅の屋根の防水」についてです。
参考にして下さい。

木造住宅の防水について

防水工事について

建築物は、雨や雪などの水分を内部に浸入させない為に、屋根やベランダに防水処理を行います。

防水処理を行う場所は、屋根やベランダだけに限らず、壁などにも必要で、横からの水分浸入に対しての防水が行われます。

横からの防水に関しては、壁材そのものが防水の役目をするものが多いですが、継ぎ目や開口部などの処理には、コーキング材のような止水材により対応します。

特に重要なことは、上からの防水です。

雨や雪などの水分は、屋根や屋上に直接落ちてきます。

そういった水の大半は、勾配などを付けて、樋や排水管へ流すのですが、残った水や溜った水が建物内に染み込もうとします。

その水が建物内に染み込まないようにするのが、防水処理なのです。

計画的にメンテンナンスすること

これからの季節は、秋の長雨や台風の季節とも言えます。

雨の多い季節に、建物の防水に劣化があるのに、そのまま放置しておくと、最悪「雨漏り」という事態を引き起こしてしまいます。

こういった事態を回避するためにも、自宅の建物が防水性を失う前に修繕することが必要になります。

戸建てにおいて、防水工事は、足場を組むこともあり、高額となりがちな修繕工事のひとつでもあります。

防水の寿命は、一般的に10年~20年程度と、材質等で期間が変わってきます。

不動産は、買ってからがスタートです。
所有している建物の資産価値を守る為に、メンテンナンスについての時期と予算を計画しておく必要があるのです。

勾配がある屋根と陸屋根の防水の違い

勾配がある屋根

勾配(こうばい)とは、傾斜のことです。

大きな勾配の付いている瓦屋根やカラーベストでは、下地で防水処理を行っており、さらに瓦など屋根材を施工する際、水上の瓦を水下の瓦の上に重ねる形で取り付けをします。

水は、高い所から低い所に流れていきますので、瓦の隙間から水は浸入し難くなります。
この方法により、二重の防水効果で雨水の浸入を防いでいるわけですね。

陸屋根

陸屋根は、大工用語の平(たいら)という意味の「陸(ろく)」から、元々は「ろくやね」と呼んでいたそうですが、今では「りくやね」と呼んでいる方も多く、どちらでも間違いではありません。

【豆知識】ろくでなしの語源とは

ちなみに、「ろくでなし」の「ろく」は「陸(ろく)」からきているそうです。
陸(ろく)ではない、平じゃない性格、曲がった性格という意味ということですね。


陸屋根とは、要するに「傾斜の無い平面状」の屋根のことを言います。

実は陸屋根の場合、防水には注意が必要です。

平らな屋上とはいえ、若干の勾配は付いています。

その勾配により、排水溝へと水を流すわけですが、前述の勾配のある屋根に比べると、水の流れは悪くなってしまうからです。

大雨・降雪に要注意

大雨の時には、水溜りが発生することもあり、雪国では、長期に渡って、雪解け水が溜ることがあるからです。

その為、勾配のある屋根に比べると、防水に対する条件が悪くなってしまうのです。

木造建築物の陸屋根には、注意が必要ということですね。

木造建築物の防水が切れやすい理由

木造建築物においても、陸屋根の物件は多くありますが、木造の陸屋根は、防水層が切れやすいと言われています。

防水層が切れるとは、防水材が破れたり、接着面が剥がれてしまい、防水効果がなくなったりすることです。

最悪の場合、「雨漏り」が起こります。

なぜ木造建築物の陸屋根防水は切れやすいのかと言いますと、木造は構造体が「」で出来ています。

木材は、コンクリートや鉄骨と比べると、柔らかい材料です。
構造体が柔らかいということは、その材は変形し易いのです。

建物は揺れている

建物内で、人間が生活することにより建物は若干ながら揺れています。

強風や地震によっても、建物の揺れは大きくなります。

ちょっとした揺れや歪みでも、それが繰り返されることにより、防水材の一部に損傷が起きます。

そして、建物内に入った水は、木材を腐らせます。
更には湿った木材は、シロアリの発生を促してしまうのです。

まとめ

建築物において、防水は非常に重要です。

そして防水には、どうしても寿命があり、定期的にメンテンナンスをする必要があり、劣化の程度によっては、全面の張替え工事が必要になります。

この場合の工事費用は高額となり、建物の修繕費用としては、外壁塗装費用と並ぶ程、大きい金額となります。

この防水のメンテナンスを怠ると「雨漏り」という重大なトラブルに発展してしまいます。

雨漏りは、原因の特定が非常に困難です。

弊社も管理物件にて、雨漏り調査を行う際には、とても苦労しています。

しらみつぶしに行っても、効果があるかはわからない、その繰り返しで行う必要があるからです。

ちなみに、防水施工後、10年以上経過した建物では、最低でも「年に1回程度」は、確認した方が良いそうです。

家を購入したら、家の中の設備と同様に、屋根・ベランダ・外壁などの外装部分も、しっかりと計画的にメンテナンスしましょう。

関連記事


江戸川不動産情報館は、買主様の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」として、今後も不動産関連の情報を発信していきます。

この記事を書いた不動産エージェント

金野秀樹

【氏名】金野 秀樹(こんの ひでき)

業界歴15年を超えるベテランエージェント!

歯に衣着せぬ提案で、お客様の悩みを解決するのが生きがい。
将来は、不動産業界の毒蝮三太夫?を目指しているというウルトラマン好き(毒蝮三太夫さんは、ウルトラマンシリーズでアラシ隊員・フルハシ隊員を演じました)の特撮育ちでありながら、意外とロマンチストな一面もあり。

「お客様に心強い」と言われることに喜びを感じつつ、常に緊張感を忘れないように心掛けている。

日々、新しい知識を求めており、様々な記事・書籍・セミナー等で法改正情報や知識を収集するのが「ライフワーク」である。

サービス精神旺盛なのか、ネガティブ情報も含め、徹底的に情報開示をする為、提案時間は長め(平均3時間)である。

勿論、お客様のご予定に合わせて時間は調節していますのでご安心下さい。

【資格】上級宅建士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP・日本FP協会認定)等
もっと詳しく知りたい方はこちらから

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須


    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。

    【特集】
    コロナウイルスによる不動産市場への影響について
    ・不動産市場は暴落するのか?
    ・不動産価格の本質
    ・買い時はいつか!?

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「コロナウイルスの住宅購入への影響」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more