住宅購入と防犯について考える

住宅購入と防犯

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「住宅購入と防犯」についてです。
参考にして下さい。

住宅購入と防犯

既に住宅購入をされている方も、これから住宅購入をされる方も気を付けておかなければならない「ご自宅の防犯」についてです。

賃貸住まいの方も、ご実家暮らしの方も例外ではありません。

ご自宅の防犯対策を、自分ではしっかり出来ていると考えている方も多いと思いますが、本当に大丈夫でしょうか?

コロナ禍によるマスク生活の影響

昨年より新型コロナウイルス感染防止の為、マスクをしている人が多い為、警戒するにしても怪しい人かどうかの判断が難しいですよね。

そうなると、日頃からいつも以上に注意することが重要です。

例えば、歩きスマホやイヤホンで周囲の音が聞こえないような状況ですと、ご自宅に入る時などの警戒心も薄くなってしまいます。

くれぐれも、自分だけは大丈夫と思わずに警戒心を忘れずにして頂きたいと思います。

宅配便・デリバリーサービスを活用

コロナ禍により、宅配便やデリバリーサービスを利用する方が増えました。

宅配ボックスなどがある方はもちろん利用された方が良いですし、ドア前に置いてもらい後で受け取る「置配(おきはい)」も方法の一つです。

人と直接接触しないことで、感染予防と防犯の両方に良いと思いますので、是非取り入れてみて下さい。

宅配ボックスがない場合は、「置配」の活用をお勧め致します。

配達業者の方たちも、不在ですと再配達をしなければならずとても大変です。

ましてや、コロナ禍により、配達件数がかなり増えています。

お互いにとって「置配」は良い方法なのです。

勿論、貴重品等の取り扱いには注意が必要ですが…

居留守は逆に危ない?

最近は、子供だけが在宅中を狙った犯罪が増えているようです。

子供だけが在宅の場合は、居留守を使って子どもの安全を守るという方法もありますが、逆に家に誰も居ないとわかると狙われる可能性も高くなります。

その為、子供だけが在宅の場合も「お母さんは手が離せないので、後でまた来てほしい。」等の理由をつけて、大人が家にいる事をアピールした方が良いようです。

低学年のお子様には、ちょっとハードルが高いですかね^^;

住宅購入時の鍵交換について

新築住宅の場合は問題ないのですが、中古住宅を購入する場合、鍵は買主の負担で取り換える事が一般的です。

例え売主様の人柄が信用出来て良い人そうだからといっても、鍵交換をせずそのまま使用することは絶対にしてはいけません。

必ずご自身で鍵交換を行いましょう。

これは、信用するしないの問題ではありません。

鍵交換をすることで、余計な心配ごとが一つ消えることが重要なことなのです。

鍵の増設

元々の鍵が一箇所の場合は、増設して二箇所にしましょう。

念には念を入れることが大事なのです。

泥棒は、捕まらない為に、より短時間で犯行をおこなうことを一番に考えています。

その為、鍵が一箇所であれば、その鍵を破壊されたり、開けられてしまったらアウトなわけです。
もし、二重ロックにしておけば、一箇所だと思って犯行に及んだ犯人が焦って退散する可能性もあります。

賃貸住まいの方は、勝手に鍵を増設する事は出来ませんので、管理会社や大家さんに相談してみましょう。

オートロックだから大丈夫なわけではない

マンション等の集合住宅の場合、エントランスはオートロックとなっており、安心な方も多いと思います。
しかしながら、その安心が気持ちの油断につながります。

マンションの場合、多くの人が出入りします。
戸数が増えれば増えるほどです。

マンションに関係のない人もフラッと、誰かが入ったり出たりしたタイミングで侵入することは、そんなに難しいことではありません。

まとめ

防犯を意識し過ぎると息が詰まり、日常生活で気が緩められないと思うかもしれませんが、何かが起きてからでは遅いのです。
あの時、もっと防犯対策をしておけばと後悔はしたくはないですよね。

是非、警戒心のメリハリをしっかりと判断して、自分や家族が安心して暮らせるように、防犯対策を練りましょう。


江戸川不動産情報館は、買主様の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」として、今後も不動産関連の情報を発信していきます。

この記事を書いた不動産エージェント

金野秀樹

【氏名】金野 秀樹(こんの ひでき)

業界歴15年を超えるベテランエージェント!

歯に衣着せぬ提案で、お客様の悩みを解決するのが生きがい。
将来は、不動産業界の毒蝮三太夫?を目指しているというウルトラマン好き(毒蝮三太夫さんは、ウルトラマンシリーズでアラシ隊員・フルハシ隊員を演じました)の特撮育ちでありながら、意外とロマンチストな一面もあり。

「お客様に心強い」と言われることに喜びを感じつつ、常に緊張感を忘れないように心掛けている。

日々、新しい知識を求めており、様々な記事・書籍・セミナー等で法改正情報や知識を収集するのが「ライフワーク」である。

サービス精神旺盛なのか、ネガティブ情報も含め、徹底的に情報開示をする為、提案時間は長め(平均3時間)である。

勿論、お客様のご予定に合わせて時間は調節していますのでご安心下さい。

【資格】上級宅建士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP・日本FP協会認定)等
もっと詳しく知りたい方はこちらから

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須


    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。

    【特集1】コロナ禍・テレワークがもたらす住宅購入への影響を考える

    ・テレワークスペース確保で戸建が人気?
    ・都心に住まなくても良いのでは?
    ・不動産価格の本質

    【特集2】住宅購入はプロでも失敗することもある!?

    お恥ずかしい話ですが、当セミナーの講師を務める私が、住宅購入で失敗しかけました^^;

    その顛末を赤裸々にお話します!

    ・失敗しかけた顛末
    ・周りが見えなくなった結果
    ・どうやって失敗を回避したのか?

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more