サイディングについてまとめてみました!

サイディング

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは、外壁材の「サイディング」についてです。
参考にして下さい。

サイディングについて

外壁材のサイディングについてまとめてみました。

サイディングとは

サイディング材には窯業系と金属系のものがあります。

窯業系は、セメント質と繊維質が主な原料にして板状に形成したものです。
金属系は、ガルバリウム鋼鈑などの金属を成型したものです。

上記の材質のものが板状になっているのがサイディンボードです。
建物に外側の形に合わせてサイディングボードを貼り付けていき、サイディングボードの間はシーリング材でつないでいきます。

サイディング材の種類

  • 窯業(ようぎょう)系サイディング
  • 金属系サイディング
  • 木質系サイディング
  • 樹脂系サイディング

サイディング材のメンテナンスについて

サイディング材の表面には耐候性の強い表面塗装、接続部には防水シーリングが打たれています。
しかしながら、その塗装やシーリングは永久的な物ではありません。

定期的な点検をして、早めにメンテナンスを行わないと、サイディング外壁材が長持ちせず、建物自体の寿命を延ばすことが出来ません。

建物がある場所に左右されますが、一般的なスパンとしては、5~10年くらいです。

施工時には、足場をかけることになりますので、屋根も一緒にメンテナンスすることで、足場費用の節約になります。

メンテナンスのチェックポイント

経年劣化によって、そり・うねり・ひび割れ(ヘアークラック)等が発生する事があります。
その程度であれば、基材自体の性能には影響はありません。
しかし、建物の構造が原因で発生している場合には、原因を調査して根本から直す必要があると言えます。

例えば耐震性に問題で、ひび割れ(クラック)が発生している場合や、下地の間柱との釘打ち箇所が適正でない場合は、塗替えの前にしっかりと直した方が良いでしょう。

サイディング材の塗替え

まず確認が必要なのが、今あるサイディングが「通気工法」「直張り工法」のどちらかという点です。

通気工法

通気工法とは、柱と外壁材の間に隙間を設ける工法です。
室内の湿気は、透湿防水シートで防ぎます。

直張り工法

直張り工法とは、柱の外側に防水紙を張って、その上から直接外壁材を張り付けていく工法です。


直張り工法の場合は、塗替えでなく張替えも検討した方が良いでしょう。

長年の自然環境の雨・紫外線等の影響によって、表面塗膜は劣化していきます。
表面のツヤが無くなったり、チョーキング現象(白い粉が付く)が出てくると、サイディング基材の防水性能が低下していきます。

自分でも出来る簡単な点検方法としては、目視をお勧めします。
塗膜面は表面が白化(白く曇る)していたり、変色・剥離等の有無、コケや藻の汚れが発生していないかを目視で確認してみましょう。

シーリングについて

サイディングの間をつなぐシーリング材も経年劣化していきます。

サイディング材は、気温の変化に伴い伸縮します。
そのときに、シーリング材の伸縮性能が無くなっていると、ひび割れや接着面の破断が起こってきます。

また、シーリングが劣化してしまい、内部に雨水が侵入してしまうと、下地木材の腐りなどによって、サイディングを固定している釘がきかなくなってしまいます。
そうなると、サイディング基材の反りやうねりの原因にもなりますので注意が必要です。

一般的にシーリング材の寿命は、サイディング材より短い為、定期的な点検で劣化現象の早期発見が重要と言えるでしょう。

壁面のある方角によっても、劣化状況には差が出てきます。
日当たりの良い南側と西側は、他の箇所と比べると状態が悪い場合が多いです。
その為、日当たりの良い箇所の確認が大切と言えるでしょう。

雨漏りについて

サイディングが外壁の建物で、雨漏りが疑われる可能性がある場合は、早めに専門業者に現地調査をしてもらいましょう。

サイディングの場合、モルタル塗り建物と違って、内側に空間があるので、壁内に雨水が侵入していたとしても、必ず室内に出てくるとは限りません。
壁内部を通って、建材が水分を吸収し内部から腐食してしまう原因になってしまいますので注意しましょう。


【外壁の種類についての参考記事】

ご相談はこちらから

何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須
ネット検索ポスティングチラシその他


【対応エリア】
東京都江戸川区を中心に、一都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
 エリア外の方は個別にご相談となります。


Follow me!

【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

【WEBセミナー対応始めました】
コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
お気軽にお問い合わせください。

【特集】
コロナウイルスによる不動産市場への影響について
・不動産市場は暴落するのか?
・不動産価格の本質
・買い時はいつか!?

【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

【セミナーでお話しする内容】
「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
「家余り 人口減少時代の家探し」
「不動産業界の仕組み」
「不動産営業マンの思考」
「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
「コロナウイルスの住宅購入への影響」
and more