住宅購入時に知っておきたい火災保険の知識 自力再建とは?

火災保険の基礎知識1

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「住宅購入時に知っておきたい火災保険の知識①自力再建」です。
参考にして下さい。

火災保険の基礎知識 自力再建について

多くの方は、住宅購入時に火災保険に加入します。

住宅購入の売買契約締結後は、様々な手続きに追われます。

そのため、多数の手続きの一つとして、基礎知識を持たずに、勧められるままに、火災契約の契約に至るケースも少なくありません。

是非、住宅購入の検討段階で「火災保険の基礎知識」を知っておいて頂ければと思います。

リスク状況に合った適切な火災保険を選ぼう

火災保険はただ加入さえすれば良いというものではありません。

そして、各損害保険会社の保険商品は全く同じ補償内容というわけではありません。

ご自身の不動産のリスク状況に合った「適切な火災保険」に加入することが、本当の安心、そして節約に繋がります。

保険は加入し過ぎの「超過保険」、加入し無さすぎの「一部保険」には気を付ける必要があるのです。

保険会社・代理店の見積内容を鵜呑みするのは駄目という訳です。

ご自宅が罹災したとき、どのような状況に置かれてしまうのか、そして、それに備えるための火災保険はどのように選べば良いのか。

住宅購入検討時の段階で、余裕を持って検討しておけば、前述した超過保険や一部保険を避ける事が出来るのです。

自力再建とは?

隣家の失火による延焼被害でも、賠償請求は出来ない事をご存知でしょうか?

火災保険の内容を検討する前に、まず知っておいて欲しいことがあります。

それは、各種災害で住宅や財産に損害を受けた場合、国や自治体からの被災時の支援は限定的で「自力再建」が原則であるということです。

あなたが火災を発生させたわけではなく、隣家から出火した火災でご自宅が損害を受ける可能性があります。

隣家の過失により発生させた火災で損害を被っても、火元の隣家には賠償請求が出来ないのです。

失火責任法

民法の特別法である通称「失火責任法」で、火元が故意または重大な過失で発生させた火災でない限り、延焼先に対する賠償責任は負わなくて良い、と定められています。

延焼に至らずとも被害を受けることもあります。

隣家の火災をくい止める消火活動のために自宅が破壊されてしまったり、消火活動により自宅に深刻な水濡れ被害が生じる場合などです。

しかし、自分に全く落ち度がないこうした被害でも、誰からも補償は受けられません。

こうした予期せぬ被害への準備を何も講じていなければ、自宅、そして家計は、将来にわたり非常に大きな金銭的な被害を被ることになるかもしれないのです。

金銭的だけではなく、補償がなければ、精神的苦痛も伴います。

隣家の方が、火災保険で類焼損害補償特約に加入していれば、補償されることもありますが、なかには火災保険自体に加入していないという方もいらっしゃいますので注意が必要です。

自然災害も公的支援は限定的

自然災害で被災しても公的支援は限定的です。

近年では、東日本大震災は言うまでもなく、それ以外の大規模な風水害や竜巻などの自然災害が各地でたびたび発生しています。

しかし、こうした自然災害で罹災しても、国や自治体からの支援は限定的なものにとどまるのです。

被災者生活再建支援法

一定規模の被害をもたらした災害には、「被災者生活再建支援法」が市区町村単位で適用されます。

この法律が適用された自治体の一定の被災者は、被災者生活再建支援制度による支援金が給付されます。

支援金の給付の仕組みは2段階で、住宅の被害程度に応じて全壊100万円、大規模半壊50万円の基礎支援金、そして住宅の再建方法に応じて50万~200万円の「加算支援金」が持ち家・賃貸問わず給付されます。(単身世帯の支援金の額は4分の3)

つまり、住宅が全壊等した申告な被災世帯には支援金が給付されるとはいえ、その額は最大でも300万円にとどまるのです。

【被災者生活再建支援法概要
http://www.bousai.go.jp/taisaku/seikatsusaiken/pdf/140612gaiyou.pdf

300万円では全壊した建物は再建出来ません。

心配しなければならないのは、建物だけではありません。

家電・家具・洋服等の動産も生きていくためには必要となります。

自力再建が原則 自己防衛の為に火災保険で備える

前述しました通り、「自力再建」が原則であるため、火災保険・地震保険で備える必要があるのです。

被災時の支援がこのように限定的なのは、自宅や家財は私有財産であり、個人の資産形成を税金により補填しないという政府の考えに基づいています。

ですから、火災にせよ自然災害にせよ、自分に落ち度のない災害で被害を被っても、暮らしは「自力再建」が基本なのです。

これが私たちを取り巻く現実であることを、まずは認識する事が大事なことです。

こうした理由から、予期せぬ災害への備えとして、火災保険は、誰もが必要とする優先度の高い保険と言えるのです。

勿論、いたずらに恐怖心をあおって高額な保険への加入を勧めるのは言語道断です。

必要で適切な保険に加入することが大事なことなのです。

火災保険を検討する際は、「自力再建」という大前提を知った上で、ご検討して頂ければと思います。

弊社は、東京海上日動火災保険の代理店でもありますので、ご気軽にご相談下さいませ。

住宅購入時に知っておきたい火災保険の知識シリーズ記事一覧

災害・防災
火災保険の基礎知識
住宅購入時に知っておきたい火災保険の基礎知識 地震保険
災害・防災
火災保険の基礎知識
住宅購入時に知っておきたい火災保険の基礎知識 保険金設定・補償内容
災害・防災
火災保険の基礎知識
住宅購入時に知っておきたい火災保険の基礎知識 風水害・地震リスク
災害・防災
火災保険の基礎知識
住宅購入時に知っておきたい火災保険の知識 自力再建とは?

江戸川不動産情報館は、買主様の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」として、今後も不動産関連の情報を発信していきます。

不動産エージェントとWEB作戦会議

オンラインで不動産エージェントとWEB作戦会議をしてみませんか?

住宅購入作戦会議

住宅購入作戦会議のお申込みはこちらから

この記事を書いた不動産エージェント

金野秀樹

【氏名】金野 秀樹(こんの ひでき)

業界歴15年を超えるベテランエージェント!
歯に衣着せぬ提案で、お客様の悩みを解決するのが生きがい。
将来は、不動産業界の毒蝮三太夫?を目指しているというウルトラマン好き(毒蝮三太夫さんは、ウルトラマンシリーズでアラシ隊員・フルハシ隊員を演じました)の特撮育ちでありながら、意外とロマンチストな一面もあり。
「お客様に心強い」と言われることに喜びを感じつつ、常に緊張感を忘れないように心掛けている。
日々、新しい知識を求めており、様々な記事・書籍・セミナー等で法改正情報や知識を収集するのが「ライフワーク」である。
サービス精神旺盛なのか、ネガティブ情報も含め、徹底的に情報開示をする為、提案時間は長め(平均3時間)である。勿論、お客様のご予定に合わせて時間は調節していますのでご安心下さい。

【資格】上級宅建士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP・日本FP協会認定)等
もっと詳しく知りたい方はこちらから

ご挨拶動画はこちらから

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須

    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。


    【特集1】住宅購入時のお金の戦略を考える
    高額な不動産・住宅購入時にはしっかりとお金の戦略をたてる必要があります。

    しかしながら、不動産業者や金融機関の提案は、立場上どうしてもポジショントークになりがちです。

    FPへの相談も、不動産に精通していないFPさんの場合、???な提案、一般論でしかない、結局ポジショントーク?ということも多いです。

    不動産業界15年超でAFP資格者でもある不動産エージェントが、正しいお金の戦略のポイントをポジショントーク一切なしで、実際の事例を交えながらレクチャー致します。

    ・正しい予算の考え方
    ・住宅ローン金利の選び方
    ・ライフプランニング・資金計画の重要性

    【特集2】買い逃しを防ぐ為の実践術

    コロナ禍でありながら、実需用※の不動産市場は活況が続いています。
    ※実需用とは、自分や親族等が実際に住む為に購入すること

    人気物件はあっという間に売れてしまい、悔しい思いをされている方が増えています。

    そんな悔しい思いをして欲しくないという思いから、現役の不動産エージェントが「買い逃しを防ぐ為の実戦術」をレクチャー致します。

    ・事前準備の重要性(ライフプランニング・ローン審査・相場感の会得)
    ・検索条件の設定方法のコツ
    ・物件の内見スピードについて

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がそもそもありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more