木造住宅の防火性・耐久性について

木造住宅の防火性

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「木造住宅の防火性・耐久性」についてです。
参考にして下さい。

木造住宅あれこれ

前回は「木造住宅の工法」についてまとめてみましたので、本日は木造住宅のあれこれ、防火性・耐久性・白蟻について解説してきましょう。

木造住宅の防火性

「木は燃えやすい」と言われますが、実は燃え切る箇所は、木材の白木部分(辺材)を使った部分で、木材の中心部である赤太は燃えにくいと言われています。

何故なら、燃えた部分が炭化層となってくれる為、それ以上の酸素が供給されず、中心部までは、中々燃え進まないからです。

木造住宅の耐久性

木は、年月が経つと腐ってしまうと考える方もいるかもしれません。

確かに木は、湿気には弱いです。
しかし、しっかりとメンテンナンスをすれば、木造住宅はとても長持ちします。
その為には、定期的なメンテナンスが必須なのです。

世界で最も古い木造建築物は、「法隆寺・五重塔」です。
なんと築1200年以上で、国宝に指定されています。

最近は、古い木造住宅や古民家も人気があります。
リノベーションを行って、カフェやホテルに生まれ変わっている事例がたくさんありますね。
それだけ木造住宅は本来耐久性があるのです。

木造住宅と白蟻

木造住宅の天敵とされている「白蟻」による被害は心配ですね。

しかし、現代の木造住宅ではさほど心配ないのです。

昔の木造住宅の基礎は布基礎が一般的でした。
布基礎とは、家の下の地面が露わな基礎の事です。

しかし最近は「ベタ基礎」と言われる底一面が、厚いコンクリートで覆われた基礎が一般的です。

シロアリが、コンクリートを食べ続けるのは、ほぼ不可能なのです。
とは言うものの、定期的なメンテナンスが必要な事は言うまでもありません。

ちなみに、最近の布基礎は、薄いコンクリート(鉄筋なし)で地面を覆うことが多いようです。

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須


    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。

    【特集】
    コロナウイルスによる不動産市場への影響について
    ・不動産市場は暴落するのか?
    ・不動産価格の本質
    ・買い時はいつか!?

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「コロナウイルスの住宅購入への影響」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more