住宅ローン人気ランキング2019は変動金利が1位

住宅ローン

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「住宅ローン人気ランキング」です。
参考にして下さい。

変動金利が根強い人気

国土交通省より「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果が発表されました。

2019(令和元)年住宅ローンの人気ランキングは下記の通りです。

  1. 変動金利(60.5%)
  2. 固定金利選択型(24.3%)
  3. 証券ローン(フラット35)(9.9%)
  4. 全期間固定金利型(5.3%)

引用元:国土交通省 令和元年度民間住宅ローンの実態に関する調査

変動金利が人気の理由

変動金利の最大の魅力は金利が安いことです。

最近の変動金利が人気の銀行の金利を見てみますと、

  • 住信SBIネット銀行 0.457%
  • auじぶん銀行 0.410%
  • ジャパンネット銀行 0.399%
  • 楽天銀行 0.527%
  • イオン銀行 0.520%

ご覧の通り、各行0.5%前後で貸出されています。

今月のフラット35の金利は、借入期間21年以上で1.3%(団信0.2%含む)ですから、変動金利はフラット35の半分以下の金利で借入する事が出来るわけです。

「家賃並み」は営業トークの常套手段

変動金利は金利が安いので、支払額も当然安くなります。

例えば、「4,000万円・借入期間35年・金利0.399%」だと、月々の返済額は「102,058円」です。

23区内でファミリータイプの賃貸住宅を借りれば、10万円以上の家賃が当たり前ですから、不動産屋からすれば、効果的な営業文句になるわけです。

だから、広告の返済例は必ず「変動金利」で計算されていますし、接客時の資金計画の提案も変動金利による返済額で行われます。

住宅ローンを組む際に、消費者が相談する相手は不動産会社と銀行である方がほとんどです。

不動産会社は、買ってくれなければ売上が上がらない。
銀行は、借りてくれなければ利息がもらえない。

だから、返済額が安い「変動金利」をお勧めするのです。

変動金利のリスクを把握しているかどうか

勿論、変動金利が悪いわけではありません。

変動金利とフラット35や全期間固定のそれぞれのメリットデメリットを理解した上で、決断しているかどうかが重要なことなのです。

変動金利を借りて言い方の参考記事は下記へ

弊社の場合ですと、金利の上昇リスクに対応できる人でなければ、変動金利はお勧めしていません。

誰がリスクを取るかが金利選択の考え方

変動金利は消費者がリスクを負う

変動金利の場合、金利が低いですが、将来の金利上昇リスクを負うのは消費者である買主です。
金融機関は、自分たちのタイミングで金利をあげることが出来るからです。

フラット35・全期間固定は金融機関がリスクを負う

フラット35や全期間固定の場合にリスクを負うのは金融機関です。

何故なら、金利は全期間にわたって固定されて、市場の金利がいくら上昇しても、金融機関は金利を上げることが出来ないのです。

消費者である買主は、金利上昇リスクを負わない代わりに、変動金利や固定期間選択型よりも高い金利で借入するわけですね。

ちなみに、「フラット35の金利1.3%で4,000万円を35年借入」の場合の返済額は「118,592円」です。

借入期間35年間の間、金利の推移がどうなるかは誰にもわかりません。
この35年間の合計利息によって得した人と損した人が出てくるわけですが、これは結果論なのです。

目先の返済額の安さだけではなく、金利の種類や各金利タイプのメリットデメリットを把握した上で、住宅ローンの金利は選択しましょう。

ご相談はこちらから

何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


【対応エリア】
東京都江戸川区を中心に、一都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
 エリア外の方は個別にご相談となります。

ご希望のサービス ※必須

購入・売却時期の予定 ※必須

現在の状況 ※必須


Follow me!

【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

【WEBセミナー対応始めました】
コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
お気軽にお問い合わせください。

【特集】
コロナウイルスによる不動産市場への影響について
・不動産市場は暴落するのか?
・不動産価格の本質
・買い時はいつか!?

【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

【セミナーでお話しする内容】
「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
「家余り 人口減少時代の家探し」
「不動産業界の仕組み」
「不動産営業マンの思考」
「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
「コロナウイルスの住宅購入への影響」
「購入予算の考え方」「金利の選び方」
and more