ZEH(ゼッチ)対応住宅とは!?

ZEH対応住宅

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「ZEH(ゼッチ)対応住宅」についてです。
参考にして下さい。

ZEH対応住宅とは「ライフサイクルコスト」を考えた省エネ住宅

実は、日本の住宅の省エネ性能が、先進国では一番遅れているという事をご存じでしょうか?

ヨーロッパでは、2000年代前半から一定の省エネ基準を義務化されています。

一方、日本では義務化までは行われておらず、「ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」というトップランナー基準が設けられました。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

引用元:経済産業省・資源エネルギー庁ホームページ

創エネ機能を持つ省エネ住宅に補助金をつけることで、事業者・消費者の両方にとって良い環境を整えようという試みです。

ソーラーパネルを設置して太陽光発電が出来るといった設備機能だけでなく、高気密・高断熱化である事が重要視されています。

現時点における日本の最高峰の住宅は「ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と言われています。

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準の意義

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)という基準の意義は、住宅の長寿命化です。

住宅の寿命は、省エネ性能が高いアメリカで平均100年、イギリスで平均140年といわれます。
一方、日本では平均30~40年と言われており、極端に短命です。

日本は、高温多湿な環境な為、雨漏り・水漏れ・結露が原因により短命になってしまうと言われています。

高気密・高断熱化されたZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅では、壁の中での結露は起こりにくい為、住宅の長寿命化に繋がると言われています。

ZEH対応住宅のコスト

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅にする為のコストは、2000万円前後の住宅を建築しようとした場合、約200~250万円ぐらいのコスト高になるようです。

初期費用は高くつきますが、長寿命化・快適な住宅になるという事を考えれば、決して高くない投資のようなものだと思います。

ZEH対応住宅には補助金制度あり

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅を建築する場合には、補助金の制度があります。

全額が補助金でカバーされる訳ではありませんが、補助金を使うことで、資金計画は組みやすくなるでしょう。

住宅の一生と言われる「ライフサイクルコスト」という観点で見てみますと、初期費用については、補助金によって抑えられます。

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅は、水道光熱費が少なく済みます。

何より長寿命化する事によって1年当たりのランニングコストが低くなるのが魅力と言えるでしょう。

補助金についての参考資料

経済産業省:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの推進に向けた取り組み

ZEH対応住宅と資産価値

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準や性能の高さについて、解説してきましたが、不動産の資産価値という観点では、どのような評価がされるのでしょうか?

結論から申し上げますと、ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅だから、資産価値が高くなるという事は現時点ではありません。

理由としては、日本での建物の資産価値の考え方は、築年数に応じて減価償却されるという考え方が一般的だからです。

しかしながら、住宅の一生と言われる「ライフサイクルコスト」という観点で考えますと、ランニングコストが低くなるZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅は魅力的な住宅と言えるでしょう。

これから住宅の建築や購入をご検討されている方は、ZEH対応住宅についてもご検討されてはいかがでしょうか?

 

Follow me!

【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
【WEBセミナー対応始めました】
コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
お気軽にお問い合わせください。

【特集】
コロナウイルスによる不動産市場への影響について
・不動産市場は暴落するのか?
・不動産価格の本質
・買い時はいつか!?

【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

【セミナーでお話しする内容】
「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
「家余り 人口減少時代の家探し」
「不動産業界の仕組み」
「不動産営業マンの思考」
「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
「コロナウイルスの住宅購入への影響」
「購入予算の考え方」「金利の選び方」
and more