住宅購入における給湯器についてまとめてみました!

電気温水器

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「住宅購入と給湯器について」です。
参考にして下さい。

住宅購入における給湯器について

給湯器には、ガスを使ってお湯を沸かすものや電気を使ってお湯を沸かすものがあります。

ガスを使用するものであれば、エコジョーズ(ガス給湯器/ガス温水器)やエネファーム(家庭用燃料電池)と似たような名称の機器もあります。

電気を使用するものにも、電気温水器・電気給湯器・エコキュート等々いろいろあります。

まずは、給湯器の種類について整理してみましょう。

給湯器の種類

ガス給湯器

ガスを使ってお湯を沸かす。

エコジョーズ

ガス給湯器(温水器)の中でも高効率なタイプ。
燃焼時の熱を再利用することで省エネ化しています。

エネファーム

ガスの中にある水素と大気中の酸素で発電し、お湯もつくる事が出来ます。

電気給湯器

電気を使ってお湯を沸かす。

電気温水器

電熱ヒーターでお湯を沸かす。

エコキュート

大気中の熱を使ってヒートポンプでお湯を沸かす。


状況以外にも、「エコキュートと同じ機能」と「エコジョーズと同じ機能」を自動で使い分ける電気とガスのハイブリッド給湯器もあります。

電気温水器とエコキュートの違いとは?

電気給湯器には、電気温水器とエコキュートがありますが、お湯のつくり方が違います。

電気温水器

電気温水器は、電熱ヒーター(金属に電気を流して発熱させる)の熱と水の熱を熱交換することでお湯をつくります。
分かりやすく言えば、電気ポットと基本的に同じです。

エコキュート

エコキュートは、電熱ヒーターを使いません。

電気は主にお湯をつくるためのサイクルを回す動力として使います。

エコキュートはヒートポンプシステムを使ってお湯を作る仕組みになっているのが特徴です。

室外機を設置して空気を送り込み、コンプレッサーを使って空気を圧縮して熱を発生させています。

そして、圧縮された空気の熱を水熱交換機に送り込み、貯湯タンクに入っている水を温めることでお湯を作り出しているのが特徴です。

電力をそのまま熱エネルギーにする一般的な電気温水器とは異なり、空気を圧縮するというプロセスを上手に活用しているのがエコキュートです。

コストや設置スペースについて

電気代は、エコキュートの方が安くなりやすいです。

導入費用は、一般的な電気温水器の方が安いです。

設置スペースについては、室外機の設置が必要になるエコキュートの方がスペースを使います。

エコキュートの寿命

エコキュートの寿命は、一般的に10~15年程度といわれています。

なぜ10~15年なのかと言いますと、故障をしたら修理をする必要がありますが、メーカーは生産終了したエコキュートの部品を10年間程度しか保管していません。

その為、10年以上使用したエコキュートが故障してしまいますと、修理をする部品自体が無い為、買い換えるしかないケースが多くなる為です。

メンテンナンスが重要

この寿命・耐用年数10~15年という数字は、定期的にメンテナンスを行った場合のもので、お手入れを怠れば、エコキュートの機器の寿命はもっと早く尽きてしまいます。

エコキュートの交換費用の目安

前述しました通り、エコキュートも10~15年でいずれ故障してしまいますので交換が必要になります。

住宅購入を検討していて、物件が中古物件で、給湯器がエコキュートだった場合、交換費用も見積もっておくと良いでしょう。

勿論、交換費用は機種によって金額は様々ですが、本体と工事費合わせて「30万円~50万円」ぐらいと考えておきましょう。


江戸川不動産情報館は、買主様の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」として、今後も不動産関連の情報を発信していきます。

この記事を書いた不動産エージェント

金野秀樹

【氏名】金野 秀樹(こんの ひでき)

業界歴15年を超えるベテランエージェント!

歯に衣着せぬ提案で、お客様の悩みを解決するのが生きがい。
将来は、不動産業界の毒蝮三太夫?を目指しているというウルトラマン好き(毒蝮三太夫さんは、ウルトラマンシリーズでアラシ隊員・フルハシ隊員を演じました)の特撮育ちでありながら、意外とロマンチストな一面もあり。

「お客様に心強い」と言われることに喜びを感じつつ、常に緊張感を忘れないように心掛けている。

日々、新しい知識を求めており、様々な記事・書籍・セミナー等で法改正情報や知識を収集するのが「ライフワーク」である。

サービス精神旺盛なのか、ネガティブ情報も含め、徹底的に情報開示をする為、提案時間は長め(平均3時間)である。

勿論、お客様のご予定に合わせて時間は調節していますのでご安心下さい。

【資格】上級宅建士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP・日本FP協会認定)等
もっと詳しく知りたい方はこちらから

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須


    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。

    【特集1】コロナ禍・テレワークがもたらす住宅購入への影響を考える

    ・テレワークスペース確保で戸建が人気?
    ・都心に住まなくても良いのでは?
    ・不動産価格の本質

    【特集2】住宅購入はプロでも失敗することもある!?

    お恥ずかしい話ですが、当セミナーの講師を務める私が、住宅購入で失敗しかけました^^;

    その顛末を赤裸々にお話します!

    ・失敗しかけた顛末
    ・周りが見えなくなった結果
    ・どうやって失敗を回避したのか?

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more