不動産売買と相続 引渡前に売主が亡くなったらどうなる?

不動産売買と相続

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「不動産売買と相続」についてです。

引渡前に、売主が亡くなってしまったらどうなるのでしょうか?

参考にして下さい。

不動産売買と相続問題

不動産の売却を行うと、不動産の所有権は売主から買主に移転することになります。

しかし、もし引渡し・所有権移転の前に売主が亡くなってしまった場合はどうなるのでしょうか?

そのまま買主へ所有権を移転することが出来るのでしょうか。

事例をもとに解説していきましょう。

売買契約締結後に売主が亡くなられた場合の不動産売買契約の取扱について

売主であるAさんは、高齢で持病の経過も芳しくなかった為、子供たちに田舎の土地を残しても処分に困ると考え、生前に処分したいという意向があり、Cさんに売却する旨の売買契約を締結しました。

引渡前に売主であるAさんが亡くなる

売買契約の取り決めでは、契約から一か月後に残金決済・引渡しを予定していました。

しかし、残金決済・引渡し予定日の直前にAさんの容体が急変してしまい、亡くなってしまったのです。

父親である「Aさん」が売買契約を締結していたが、引渡し直前に売主である「Aさん」が亡くなってしまった場合、相続人である息子「Bさん」はどうすれば良いのでしょうか?

売買契約は有効である

売買契約を締結している場合、仮に売主が亡くなってしまった場合でも、その契約は有効です。

売買契約を締結すると、売主買主の双方には履行義務が生じます。

売買契約締結後の双方の履行義務は、売主は不動産の引き渡し、買主は代金の支払いとなります。

もし仮に売主が亡くなってしまった場合には、売主の相続人はこの履行義務を果たす義務はあるのです。

相続人が履行義務を承継する

上記の事例の相続人Bさんは、相続により父親Aさんの売主としての地位を承継する事になります。

そして、決済日の直前の死亡となれば、相続登記をする必要が出てきます。

相続登記を行う時間的余裕が限られてしまう為、当初のスケジュールでは難しいことが予想され、実務上では決済日の延期申し出をすることが考えられます。

買主が引渡しの延期に応じなかったらどうなる?

仮に買主のCさんが相続による引渡し延期の申出に応じず、引渡しをしないのなら違約金を支払えと求めてきたらどうなるのでしょうか?

まず、原則から説明していきましょう。

売主から引渡日の延期を申し入れられても、買主はそれに応じる義務はありません。

そうなると、売主が引渡を履行できない場合、違約金が発生する可能性が出てきます。

しかしながら、父親であるAさんから売買契約が締結されている事を聞いていない相続人Bさんは、急いで相続登記の準備をしたが、間に合わない場合だって当然あるわけです。

それでも違約金を支払わなければいけないとしたら、随分酷なよう気がします。

責めに帰する事が出来ない場合は例外規定がある

売主側に責めに帰するべき事由がない場合には、民法では下記のような定めがあります。

新民法415条1項但し書き

債務者がその債務の本旨に従った履行をしないとき又は債務の履行が不能であるときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。ただし、その債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由によるものであるときは、この限りでない。

相続人であるBさんは、次の項目を確認する必要があります。

  • 被相続人が締結した契約の有無
  • 有効性の調査(未履行であるか否かの状況把握等に要する時間)
  • 必要書類を揃える為に要する時間

結果、被相続人の債務を履行できなかった場合でも、取引上の社会通念に照らし違約金の請求が認められない場合があるということです。

但し、責任が無条件で無くなるということではなく、債務を履行できなかった方の債務者が、主張立証しなければなりませんので注意しましょう。

まとめ

不動産の売却時に売主が亡くなってしまった場合、売買契約が有効に締結している状態であれば、売主買主の双方に契約を履行する義務が生じます。

そのため、売主の死亡によって売買契約が無効になるという事はありません。

亡くなってしまった売主の方(被相続人)に代わって、相続人の方が債務を履行する必要があるわけです。

特に相続登記が必要となる場合では、売買代金の残金決済・引渡日までに、様々な手続きを行う必要がありますので注意しましょう。


江戸川不動産情報館は、買主様の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」として、今後も不動産関連の情報を発信していきます。

この記事を書いた不動産エージェント

金野秀樹

【氏名】金野 秀樹(こんの ひでき)

業界歴15年を超えるベテランエージェント!

歯に衣着せぬ提案で、お客様の悩みを解決するのが生きがい。
将来は、不動産業界の毒蝮三太夫?を目指しているというウルトラマン好き(毒蝮三太夫さんは、ウルトラマンシリーズでアラシ隊員・フルハシ隊員を演じました)の特撮育ちでありながら、意外とロマンチストな一面もあり。

「お客様に心強い」と言われることに喜びを感じつつ、常に緊張感を忘れないように心掛けている。

日々、新しい知識を求めており、様々な記事・書籍・セミナー等で法改正情報や知識を収集するのが「ライフワーク」である。

サービス精神旺盛なのか、ネガティブ情報も含め、徹底的に情報開示をする為、提案時間は長め(平均3時間)である。

勿論、お客様のご予定に合わせて時間は調節していますのでご安心下さい。

【資格】上級宅建士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP・日本FP協会認定)等
もっと詳しく知りたい方はこちらから

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須


    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。

    【特集1】コロナ禍・テレワークがもたらす住宅購入への影響を考える

    ・テレワークスペース確保で戸建が人気?
    ・都心に住まなくても良いのでは?
    ・不動産価格の本質

    【特集2】住宅購入はプロでも失敗することもある!?

    お恥ずかしい話ですが、当セミナーの講師を務める私が、住宅購入で失敗しかけました^^;

    その顛末を赤裸々にお話します!

    ・失敗しかけた顛末
    ・周りが見えなくなった結果
    ・どうやって失敗を回避したのか?

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more