不動産購入時の価格交渉の相場とは!?

不動産購入時の価格交渉の相場

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「不動産購入時の価格交渉の相場」についてです。
参考にして下さい。

不動産購入時の価格交渉の相場

不動産購入は、高額な金額が動く取引です。

買主様からすれば、少しでも安くお得に買いたいと思うのが本音ですよね。

そこで、本日は「価格交渉の相場」について解説していきます。

価格交渉の相場ってあるの?

お客様から、「不動産って価格の交渉は出来ますか?」「何%くらい値下げしてもらえるものですか?」といった質問をお受けする事があります。

本音を言えば、ケースバイケースです^^;

それじゃあ、せっかくご質問頂いたのに申しわけないので、補足すると、例えば%(パーセンテージ)で考えてみると、販売価格が5,000万円の物件と1,000万円の物件、仮に物件価格の3%を価格交渉の目安だとした場合、

5,000万円の物件の場合は約150万円
1,000万円の物件の場合は約30万円

ということになります。

では、実際はどうなのでしょうか?

またまた、本音を言ってしまいますが、実際は価格の何%の交渉が出来るという相場はありませんし、このような考え方はしない方が良いです。

スッキリしない回答で申し訳ございませんが、まさにケースバイケースなのです。

売主側の状況によって価格交渉の余地は決まる

価格交渉が出来る金額は、売主側の状況によるところが大きいです。

例えば「住み替えが決まっていて新居の引渡しが迫っていて、元々の自宅を現金化しないと新しい住宅ローンが組めない」といった事情がある。

この場合、他に競合がいなければ価格交渉がしやすくなります。

しかし、実はそう単純な問題ではありません。

元々の自宅の住宅ローンの残債の金額、あるいは相場より極端に安く売却はしたくないので、新居は諦めるといった場合もあるからです。

他のケースで言いますと「住み替え済で住宅ローンも完済出来ているから、急いで売却する必要がない」といった場合、交渉はしづらいです。

勿論、相場よりも高値で販売価格が設定されている場合は、駄目元で価格交渉をチャレンジしてみることも出来ますが、ほとんどの場合、門前払いでしょう。

このように状況は様々なのです。

結果、5,000万円の物件で20万円の値下げしか応じてもらえない事もあれば、1,000万円の物件で200万円の値下げに応じてもらえる場合もあるのです。

要するに、価格交渉には相場というものはないのです。

まぁ、強いて言えば端数切りは出来る可能性が高いと言えますね。

5,980万円→5,900万円、1,080万円→1,000万円といった感じです。

しかしながら、競合が入る場合はそれも難しくなります。

不動産価格は様々な要因で決まる

不動産価格は、周辺相場、成約事例、現在の類似物件の在庫数、タイミング、日本経済、世界情勢、そして売主側の状況等によって変化します。

その中でも、特に前述した「売主側の状況」、そして「タイミング」で価格交渉の余地は大きく変わります。

もっと言えば、不動産価格の本質は「需要と供給」で決まり、それは日々変わっていきます。

価格交渉は頼む相手を間違えてはいけない

そもそも、不動産を購入するときに頼む相手を間違えている消費者の方が多いことをご存知でしょうか?

不動産仲介業者には「元付業者」と「客付業者」という立場があります。

本来は、購入する時に頼むべきは「客付業者」であるべきなのです。

さらに、本当に消費者の利益を第一義と考えてくれる不動産エージェント・買主の代理人「バイヤーズエージェント」を味方につけることをお勧め致します。

何故、元付業者に頼んではいけないのでしょうか?

理由は、元付業者は売主様から直接売却を依頼されている仲介業者であるため、どちらかというと売主様目線で取引を進めていきます。

結果、本当に買主様に寄り添った提案や交渉はしてもらえない可能性が高いのです。

弁護士に例えるとわかりやすいですが、対峙している二つの立場「売主と買主」その両方の担当者として取引を進める。

それで、それぞれに公平な提案が出来ると思いますか?

ポータルサイトから問い合わせしてはいけない

ポータルサイトの先に待っている業者は、元付業者であることが多いです。

そうじゃない場合は、集客の為に物件情報を借りてきて「先物(さきもの)物件」を掲載している業者です。

元付業者は、売主目線そして両手仲介※を狙っています。
※両手仲介とは、売主と買主の両方から仲介手数料を受領出来る取引のこと

先物物件掲載業者は、広告費の回収をする為に必死に営業します。

そんな二つの業者が、買主の利益を第一義と考えて提案してくれると思いますか?

はっきり言いますと、自分は不動産について精通している、自分でネガティブ要素の判断が出来るし、分析も自分で出来る、だからとにかく早く物件情報だけ欲しいという強者(つわもの)でない限り、ポータルサイトから問合せてはいけないのです。

こんな強者は、不動産業者・不動産業界経験者・不動産事業家といった、もはやプロです。

勿論、元付業者の中にも、買主目線の担当者が全くいないというわけではありません。

しかし、ポータルサイトの先に待っている担当者がそうであるかは運頼みなのです。

高額な不動産取引を任せる担当者の質を自分で選べないというのが、ポータルサイトからの問合せの実態なのです。

まずは担当者を選別しよう

運に頼るのではなく、能動的に自分から信頼出来る担当者を探すことが重要なことです。

不動産購入を思い立ったら、まず一番初めにする事は「物件探し」ではありません。

まずは、買主の立場を第一義とする「担当者探し」をするべきなのです。

その為には、担当者を選別する為の最低限の基礎知識を身につける必要があります。

プロ並みの知識を身につけることは容易ではありませんが、ポイントを押さえた基礎知識を身につけることは、そこまで難しくありません。

弊社、江戸川不動産情報館では、そんな基礎知識を身につけることが出来るWEBセミナーをご提供していますので、興味のある方はご受講下さい。

売り込みや押し売りは一切しません。

レクチャーする講師自身が、営業電話をかけられることが苦手ですので、ほとんど営業電話をかけることはありませんので、安心してご受講下さい。

まとめ

買手の立場としては、1円でも安く購入したいでしょう。

しかし、やみくもに安い価格を望んでも現実的ではありません。

まずは買主の立場を第一義とする担当者に相談する。

今までの販売状況がどうなっているのか、いつから売りに出されているのか、なぜ売却するのか、今現在はどんな状況なのか、どのくらいの引き合いがあるのか等を確認してもらい、相手の状況を分析してもらう。

その上で申込金額を検討しましょう。

登記情報、価格の妥当性、不動産市場の現状といった要素を、ポジショントークなしに教えてくれる担当者に相談することが大事なことなのです。

交渉のテクニックをまとめた記事も参考にして下さい。


江戸川不動産情報館は、買主様の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」として、今後も不動産関連の情報を発信していきます。

不動産エージェントとWEB作戦会議

オンラインで不動産エージェントとWEB作戦会議をしてみませんか?

住宅購入作戦会議

住宅購入作戦会議のお申込みはこちらから

この記事を書いた不動産エージェント

金野秀樹

【氏名】金野 秀樹(こんの ひでき)

業界歴15年を超えるベテランエージェント!
歯に衣着せぬ提案で、お客様の悩みを解決するのが生きがい。
将来は、不動産業界の毒蝮三太夫?を目指しているというウルトラマン好き(毒蝮三太夫さんは、ウルトラマンシリーズでアラシ隊員・フルハシ隊員を演じました)の特撮育ちでありながら、意外とロマンチストな一面もあり。
「お客様に心強い」と言われることに喜びを感じつつ、常に緊張感を忘れないように心掛けている。
日々、新しい知識を求めており、様々な記事・書籍・セミナー等で法改正情報や知識を収集するのが「ライフワーク」である。
サービス精神旺盛なのか、ネガティブ情報も含め、徹底的に情報開示をする為、提案時間は長め(平均3時間)である。勿論、お客様のご予定に合わせて時間は調節していますのでご安心下さい。

【資格】上級宅建士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP・日本FP協会認定)等
もっと詳しく知りたい方はこちらから

ご挨拶動画はこちらから

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須

    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。

    【特集1】コロナ禍・テレワークがもたらす住宅購入への影響を考える

    ・テレワークスペース確保で戸建が人気?
    ・都心に住まなくても良いのでは?
    ・不動産価格の本質

    【特集2】買い逃しを防ぐ為の実践術

    コロナ禍でありながら、実需用※の不動産市場は活況が続いています。
    ※実需用とは、自分や親族等が実際に住む為に購入すること

    人気物件はあっという間に売れてしまい、悔しい思いをされている方が増えています。

    そんな悔しい思いをして欲しくないという思いから、現役の不動産エージェントが「買い逃しを防ぐ為の実戦術」をレクチャー致します。

    ・事前準備の重要性(ライフプランニング・ローン審査・相場感の会得)
    ・検索条件の設定方法のコツ
    ・物件の内見スピードについて

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がそもそもありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more