住宅ローン審査の注意点 既存借入は隠せない!?

住宅ローン既存借入は隠せない

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館コンノヒデキです。

本日のテーマは「住宅ローン審査の注意点・既存借入は隠せない!?」です。

参考にして下さい。

住宅ローン審査で嘘は通用しない

住宅ローン審査の時に、家族に内緒の借金があるといった理由で、しっかりと既存の借入状況の申告をしない方がいらっしゃいます。

少し厳しい言い方ですが「申告しなければ隠せる」は通用しません。

もし、ご家族に内緒にしたい借金がある場合は、必ず担当者にその旨を伝えて、別途申告をするようにしましょう。

当たり前ですが、私はお客様の既存借入の有無について、ご家族には一切共有しません。

なかには、うっかりご家族に報告してしまう担当者もいるかもしれませんので注意して下さい^^;

ちなみに、金融機関は、既存借入の影響で否決となった場合でも、具体的には否決された理由は教えてくれません。

あくまでも、総合的判断といった回答になるのが一般的です。

既存借入の住宅ローン審査に与える影響

カードローンなど、他に借入があると融資額が減額されるか、最悪の場合否決となりますので注意が必要です。

たとえ、借入を隠して審査を申し込んでも、金融機関には隠すこと出来ません。

借入履歴は金融機関に筒抜けになります。

というのは、銀行や信販、貸金業といった業界ごとに、誰がいつまでにどの程度の金額を借りているか、また過去に延滞事故がないかという顧客情報を登録・収集している信用情報の収集会社があり、金融機関はそこへ照会するからです。

勿論、申込者に無断で照会は出来ません。

申込者は、住宅ローン審査のときには、申込書とは別に個人情報の同意書へもサインして提出しているはずです。

申込書兼個人情報の同意書といった場合もあります。

個人信用情報機関

各金融機関は、個人信用情報機関からの情報を参考に返済能力の審査をしています。

信用情報会社は3つあり、総称して「個人信用情報機関」と呼びます。

系統で分けてみると下記の通りになります。

  • 主に銀行系:全国銀行個人信用情報センター(略称 JBA)
  • 主に信販会社系:(株)シ-・アイ・シ-(略称 CIC)
  • 主に消費者金融系:(株)日本信用情報機構(略称 JICC)

前述したように、住宅ローン審査の申込書を記入する際、金融機関は申込者から個人情報の同意書への署名を求めます。

その同意書には、どこの個人信用情報機関へ照会するかについて記載されています。

個信と与信

金融機関の担当者から住宅ローン審査の際に「個信(コシン)を取ってから」「個人信用調査をかけてから」と言われることがあります。

これは「個人信用情報機関」に信用情報を照会しますよという意味です。

ちなみに「与信(ヨシン)」という言葉もあります。

これは「信用を与える=貸す・貸さない」の審査を行うという意味です。

個人信用情報の何を見ているのか

金融機関は、個人信用情報のどこを見ているのでしょうか?

  • 現在の借入状況(借入額・借入件数)
  • 過去の延滞事故
  • クレジットカードの枚数

といった情報を見ています。

クレジットカードについては、普段使っていなくても、情報として掲載されてきます。

ポイント付与といったキャンペーン目当て等で、普段使いしないクレジットカードを多数所有していると、そのカードごとに情報が掲載されます。

金融機関からどう見られるかを考えよう

金融機関からどう見られるかを常に意識して審査に臨むのが重要です。

既存借入の申告が一切なかったはずなのに、個人信用情報を照会してみたら、申告されていない借入が出てきたら、印象は良くないですよね^^;

金融機関は、不誠実・浪費・生活苦を嫌います。

例えば自己資金が全くないのにクレジットカードの枚数が多いとなると生活苦や浪費癖が簡単に連想できてしまいます。

そのような人が住宅ローンを滞りなく返済できるかというと、かなり怪しいと考えるべきでしょう。

裏を返せば、たくさんのクレジットカードを持っている場合は、事前にカードを解約しておくべきと言えますし、自己資金を多くいれない場合は、その理由も申告しておくべきなのです。

「過去に延滞したことある。」

「ブラックリストに載ってしまった。」

これらのことは、金融機関からすれば、個人信用情報を照会すれば全て把握出来ます。

相談している不動産事業者の担当者には、包み隠さずに申告するようにしましょう。

先ほどもお伝えした通り、ご家族に内緒にしたい場合は、その旨もしっかりと担当者に伝えることを忘れないようにして下さい^^;


江戸川不動産情報館は、買主様の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」として、今後も不動産関連の情報を発信していきます。

不動産エージェントとWEB作戦会議

オンラインで不動産エージェントとWEB作戦会議をしてみませんか?

住宅購入作戦会議

住宅購入作戦会議のお申込みはこちらから

この記事を書いた不動産エージェント

金野秀樹

【氏名】金野 秀樹(こんの ひでき)

業界歴15年を超えるベテランエージェント!
歯に衣着せぬ提案で、お客様の悩みを解決するのが生きがい。
将来は、不動産業界の毒蝮三太夫?を目指しているというウルトラマン好き(毒蝮三太夫さんは、ウルトラマンシリーズでアラシ隊員・フルハシ隊員を演じました)の特撮育ちでありながら、意外とロマンチストな一面もあり。
「お客様に心強い」と言われることに喜びを感じつつ、常に緊張感を忘れないように心掛けている。
日々、新しい知識を求めており、様々な記事・書籍・セミナー等で法改正情報や知識を収集するのが「ライフワーク」である。
サービス精神旺盛なのか、ネガティブ情報も含め、徹底的に情報開示をする為、提案時間は長め(平均3時間)である。勿論、お客様のご予定に合わせて時間は調節していますのでご安心下さい。

【資格】上級宅建士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP・日本FP協会認定)等
もっと詳しく知りたい方はこちらから

ご挨拶動画はこちらから

ご相談はこちらから

    何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須


    【対応エリア】
    東京都江戸川区を中心に、一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
    ※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
     エリア外の方は個別にご相談となります。

    ご希望のサービス ※必須

    購入・売却時期の予定 ※必須

    現在の状況 ※必須

    Follow me!

    【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

    資産となる家を真剣に考える住宅セミナー
    【WEBセミナー対応始めました】
    コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
    お気軽にお問い合わせください。


    【特集1】住宅購入時のお金の戦略を考える
    高額な不動産・住宅購入時にはしっかりとお金の戦略をたてる必要があります。

    しかしながら、不動産業者や金融機関の提案は、立場上どうしてもポジショントークになりがちです。

    FPへの相談も、不動産に精通していないFPさんの場合、???な提案、一般論でしかない、結局ポジショントーク?ということも多いです。

    不動産業界15年超でAFP資格者でもある不動産エージェントが、正しいお金の戦略のポイントをポジショントーク一切なしで、実際の事例を交えながらレクチャー致します。

    ・正しい予算の考え方
    ・住宅ローン金利の選び方
    ・ライフプランニング・資金計画の重要性

    【特集2】買い逃しを防ぐ為の実践術

    コロナ禍でありながら、実需用※の不動産市場は活況が続いています。
    ※実需用とは、自分や親族等が実際に住む為に購入すること

    人気物件はあっという間に売れてしまい、悔しい思いをされている方が増えています。

    そんな悔しい思いをして欲しくないという思いから、現役の不動産エージェントが「買い逃しを防ぐ為の実戦術」をレクチャー致します。

    ・事前準備の重要性(ライフプランニング・ローン審査・相場感の会得)
    ・検索条件の設定方法のコツ
    ・物件の内見スピードについて

    【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がそもそもありません】
    江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

    【セミナーでお話しする内容】
    「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
    「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
    「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
    「家余り 人口減少時代の家探し」
    「不動産業界の仕組み」
    「不動産営業マンの思考」
    「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
    「購入予算の考え方」「金利の選び方」
    and more