不動産の販売価格のタイミングについて

売りたい価格と売れる価格

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「不動産の販売価格のタイミングについて」です。
参考にして下さい。

売りたい価格と売れる価格

不動産購入を検討し始めたときに、まず理解して頂きたいのは、不動産には「売りたい価格」と「売れる価格」があるということです。

この二つの価格のタイミングについて、買主は掴んでおくべきでしょう。

売りたい価格

「売りたい価格」とは、売主側からの思いであり、例えば、売主が不動産事業者であれば、不動産を売却する事によって、利益を得る事が目的ですから、1円でも高く売りたいと考えます。

また、売主が個人の方の場合でも、住み替えの為に自宅を売りたい、住宅ローンの残債を返済するために売りたい等々、売却理由が何にせよ、やはり1円でも高く売りたいと考えます。

そう、「売りたい価格」とは、売主の一方的な希望価格なのです。

売れる価格

一方、「売れる価格」とは、買主が購入を決断した結果の価格です。
「売れた価格」の方が分かりやすいでしょうか。

買主側からすれば、1円でも安く買いたい、そう思うのが心情でしょう。

売りたい価格を売れる価格にするために

上記の「売りたい価格」と「売れる価格」には、当然、価格差があります。
それは、売主は1円でも高く売りたい、買主は1円でも安く買いたい、という相反する思いによる温度差とも言えるでしょう。

それでは、買主は、いかにこの温度差を見極めて、売主の「売りたい価格」が買主にとって買って良い「売れる価格」であるかどうかを見極めれば良いのでしょうか?

その物件のタイミングを掴む

物件として情報がでている不動産には、物件ごとに様々なタイミングがあります。

  • 売り出し始めの物件
  • 売り出して三カ月が経過した物件
  • 売り出して半年が経過した物件
  • 売り出して一年が経過した物件
  • 一年以上売り出している売れ残り物件

大まかにそのタイミングを上記に上げてみましたが、一般的に、余程、人気のないエリアではない場合、相場の価格に落ち着いた物件は、問い合わせも多く、半年ほどで買い手が現れます。

これは、あくまでも相場に落ち着いた場合です。
ネットで情報を簡単に収集出来るようになった現代では、物件価格が相場よりも高いと、下手をしたら問い合わせがほどんどないという状態もありえます。

このタイミングは、売主側の仲介会社に聞けば教えてくれますが、出来れば、信頼のおける買主の為の不動産エージェント「バイヤーズエージェント」を窓口にして、情報収集することをお勧めします。

何故なら、買主は様々な情報を確認する必要があり、その情報を自身で収集することはとても大変です。

なぜ、売主側の仲介会社に直接、聞いてはいけないのか?

売主側の仲介会社に直接聞いてはいけないのは何故か?

それは、売主側の仲介会社は、買い手も自社で見つける事が出来れば、売主と買主の両方から仲介手数料を受領する事が出来ます。
これを「両手仲介」というのですが、この「両手仲介」を最優先にする為、買い手側に公平に情報を開示しない可能性があるのです。

仲介会社は「両手仲介」が大好きです。
売主・買主のそれぞれ片方しか担当出来なかった場合は、仲介手数料は片方からしかもらえません。

それが「両手仲介」なら、利益が倍だからです。

タイミングの進行度によって売れる価格へ近づく

不動産の販売開始当初は、売主には、まだ余裕があり、強気な価格設定をすることが多いです。

不動産事業者ではない個人の人は、不動産を売却した経験はほとんどありません。
不動産投資家であれば経験値があるでしょうが、そうでない場合は、初めて不動産の売却活動を経験するわけですから、相場を不動産会社から説明されても、とりあえずは強気な設定で売り出しを開始します。

媒介契約目当てで高めの査定をする業者も

先ほど、ご説明した通り、「両手仲介」を目指すために、まずは売主から販売活動を依頼される必要があります。

その為に、査定価格を高く設定して、売却の媒介契約が締結しれもらえるようにする業者も多いです。

その手の不動産会社は、高めでもとりあえず、媒介契約を締結してもらい、「両手仲介」を成立させる為に、物件を「囲い込み」、問い合わせがないので、売却価格を徐々に下げるように仕向けていきます。

不動産バイヤーズエージェントで公平な取引を実現する

売り出しを開始したばかりの物件かどうかを「バイヤーズエージェント」に確認してもらい、もし相場なみの価格で、自分の希望条件に合致しているのであれば、購入を検討しても良いでしょう。

バイヤーズエージェントは「両手仲介」を第一義とせず、「買主の利益」を第一義とします。
是非、公平な取引を実現する為に「バイヤーズエージェント」を活用しましょう。

まとめ

  • 物件には販売活動のタイミングがそれぞれある。
  • 販売開始当初の物件は価格が高めであることが多い。
  • 希望物件の販売活動のタイミングを掴むことによって、交渉が成功するかどうかの精度は高まる。
  • 公平な取引を実現する為に「バイヤーズエージェント」を活用するべきである。

ご相談はこちらから


Follow me!

家を買うなら知っておきたい情報セミナー

江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

【セミナーでお話しする内容】
「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
「家余り 人口減少時代の家探し」
「不動産業界の仕組み」
「不動産営業マンの思考」
「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」and more