窓の採光基準について

窓

江戸川区の不動産エージェント江戸川不動産情報館・金野秀樹(コンノヒデキ)です。

本日のテーマは「窓の採光基準」についてです。
参考にして下さい。

窓の採光基準について知っていますか?

居室には、採光基準が定められています。

ちなみに、居室とは、「居間」「寝室」「台所」の事です。
これらの居室には、建築基準法により、採光上有効な開口部を設置しなければなりません。

居室の採光基準

住宅の居室のうち、居住のために使用されるもの部屋の開口部の面積は、居室の床面積 の「1/7」となります。

6帖間の場合

例えば、居室の床面積が6帖間の場合、その床面積は約10㎡となります。
計算すると、10㎡×1/7≒1.43㎡以上の面積を持つ窓が必要となります。

地下室はどうなるのか?

地下に居室を設ける場合は、開口部の前に「から掘り」を設ける、換気設備を設ける、湿度を調節する設備を設ける、等のいずれかの基準を満たす必要があります。

採光基準を満たしていない場合はどうなるのか?

上記の採光基準を満たしていない場合はどうなるのでしょうか?

満たしていない場合は、建築基準法上の「居室」と認められません。
その場合は「納戸」「サービスルーム」扱いとなります。

ちなみに、最近の不動産広告ではサービスルームの頭文字からとって「S」と表記されています。

「2SLDK」「2LDK+S」といった感じです。

ご相談はこちらから

何でこのホームページをお知りになられましたか? ※必須
ネット検索ポスティングチラシその他


【対応エリア】
東京都江戸川区を中心に、一都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
※片道概ね一時間以内を対応エリアとしておりますが
 エリア外の方は個別にご相談となります。

ご希望のサービス ※必須
不動産相談物件内見ライフプランニング


Follow me!

【WEBセミナー】家を買うなら知っておきたい情報セミナー

【WEBセミナー対応始めました】
コロナウイルスの対策として、オンラインによるWEBセミナーの対応を始めました。
お気軽にお問い合わせください。

【特集】
コロナウイルスによる不動産市場への影響について
・不動産市場は暴落するのか?
・不動産価格の本質
・買い時はいつか!?

【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】
江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。セミナーでは、売り込みは一切ありません。お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術(買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等)、不動産業界の仕組み(不動産屋に騙されない方法等)を時間いっぱいにお伝えします。その為、物件を売り込む暇はありません。セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。

【セミナーでお話しする内容】
「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」
「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」
「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」
「家余り 人口減少時代の家探し」
「不動産業界の仕組み」
「不動産営業マンの思考」
「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」
「コロナウイルスの住宅購入への影響」
「購入予算の考え方」「金利の選び方」
and more